So-net無料ブログ作成
検索選択

FZ1 インプレッション [FZ1]

---------------------2013.07.16更新---------------------

最近自分の乗り方が変わってきましたので再インプレをば。


まずバイクの主な用途ですが、

1日300~500㎞程度のツーリングで、

道はワインディング重視でチョイスします。


結構な距離を走りますので、突っ込み重視では体がもちません(^^ゞ。

コーナー進入前までにほぼエンブレで減速し、ブレーキで微調整して入ります。

気持ちよくコーナーを曲がる事と、立ち上がり重視の走り方です。


これに伴って、ハンドリングインプレを更新しています。
-----------------------------------------------------------------------


ブログを始めた時には既に乗っていましたので忘れておりました。

今更ですが、愛機FZ1の紹介を(^^ゞ



と、その前に僕の愛車遍歴ですが、


1台目:Yamaha 4zinger

中2のある日、親父が突然買ってきました。60ccの4輪バギーです。

公道走行不可で、祖父の畑を走りまわっていました。


2台目:Honda Dio

有名なスクーターですね。


3台目目:Honda NS-1

ミッション車の入門はこれでした。


4台目:Kawasaki ZXR250

中型デビューはこれでした。


5台目:HONDA NSR250R SE

周りがアメリカンやSRなんかに乗ってる中、更に速さを求めて(^^ゞ


6台目:Yamaha V-max

某バイク屋さんに就職が決まって、お客さんのバイクをこかしちゃならんと思って

重ーいバイクをチョイス!

転職して結婚して子どもも出来て、手放しました。


7台目:Kawasaki ZXR250

格安の不動車を買ってきてDIYでレストア。

F800RとCB1300と一度だけ阿蘇ツーに行って、乗り換えを決意!(^^ゞ


8台目:Yamaha FZ1

ファミリーカーのローン支払いが終了したタイミングで嫁さんに相談。

もう2年支払ったと思って買わせてって(^^ゞ

既にマイナリストファンだった嫁さんは、バイクライフの魅力に理解がありました。

そして現在に至ります♪



さて、やっとこさFZ1のインプレをば…

DSC00280_R.JPG


07年式のカナダ仕様です。カタログスペックはどこでも載ってるので割愛。

ちなみにカナダ仕様にFAZERという名前は付きません。

FZ1と呼びます。

国内ではFZ1はネイキッドモデルを示しますし、

ハーフカウルモデルはFAZERになりますが、

ここら辺の呼び方もここでは触れません。(^^ゞ



インジェクションについて。


乗り始めたころはよくエンストしました。

キャブ車だと発進時にアイドリング回転数よりも下がっても、多少は粘ってくれますよね?

それが回転が下がると、


「あ~、その回転数の点火マップ無いんだよね~、仕事やーめた!!」


って感じでストンッと裏切られます(T_T)


高回転型エンジンで下のトルクが薄いのは分かっているんですが、

それでもエンストする様なトルク感じゃ無い時にストッと落ちる。



インジェクション車に乗ってる皆さんもこんな感じですか~??


対策としてはアイドル回転数を規定範囲上限の1300rpmに調整してます。


それ以降はエンストもほとんどしていません。

単に馴れただけかも知れませんけれどね。



次は乗車姿勢。


ノーマルのポジションはネイキッドそのもの。

R1の血統とは思えないほど起きたポジションです。


ステップの位置が停車時に降ろした足の位置と干渉します。

ふくらはぎにステップを当てるか、

スネにステップを当てるかになりますが、

足の長い人なら気にならないんだろうなぁ~(^^ゞ


僕は真っ先にバックステップに替えました。


P1010095_R.JPG

ハンドルは垂れのないフラットバーハンに長ーいポスト。

好みの問題ですがこれまでアレコレ変更してます。

詳細は過去記事で。



ハンドリング特性は、


ゆっくり曲がる時はセルフステアが強めでスコッと切り込みます。

ハイペースコーナリングはフロント荷重を掛けないと曲がらない。

そんな感じ。


DSC00209_R.JPG

今はフロントフォークの突き出しを-3mmでセットしています。

(出しが-3mmなので、=3mm引っ込めてる。=トッププリッジからの飛び出しが+3mm)

ああややこしい(^^ゞ。


前傾姿勢になる分フロントが沈むので、

プリロードを標準値より強めてサグを出しています。


キャスター角が起きた分ゆっくり曲がる時のセルフステアはマイルドになって、

ハイペースコーナーでは後ろ乗りでもそこそこ曲がる様になります。

前乗りだと曲がりすぎるぐらいですが、

上体の重心移動を少なめにするか、スロットルを開けて行くかで、

曲がらない心配とはオサラバです♪

たった3mmなんですけどね、全然別物になるので自分でもビックリしてます。


恐らくノーマルは前乗りに丁度いいセッティングなのだと思います。



エンジン熱について。


水温は上がり易く、ファンもよく回り、熱風が上がってきます。

対策としてタンクとフレームの隙間をスポンジテープなどで塞ぐ方もいらっしゃる様ですが、

タンクの両サイドのカバーは両面テープで貼り付いていますので、

これを少しフレーム寄りに貼り直す事で対策しています。



ブレーキについて。


フロントは必要十分に良く効きます。

ただ、過去の骨折で手の開きが小さい僕には、レバーを一番手前にセットしても遠い。

R1の純正セミラジポンに交換して、レバーを更に手前でセットしてます。

NEC_0113_R.JPG


リアブレーキはちゃんとロックまで効くんだけど、

そこまでのインフォメーションが希薄。

対策はしてません。



以上、まとめてみるとなんか問題だらけのバイクに見えちゃいますが、

そんなことは無いです!!


一つ一つはホントに小さな事です。

でもこうやってちょっとの事でも気に留めて、

少しずつ手を掛けてきたからこそ、

他に乗り換えたいバイクも思い付かないぐらい

気に入っているんだと思います。


陸運局の仕事始めの日には、ユーザー車検に持ち込んで

新たな2年をスタートします♪


nice!(7)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

禁じられた阿蘇び [ツーリング記録]

12月13日 晴れ

久々の天候回復で、行ってきました阿蘇ツー!

仕事の絡みで遅めの9時過ぎ出発。


いつものk27を南下してスタートです。

DSC00171_R.JPG


天気は快晴!

放射冷却で朝は冷え込みましたので、

9時過ぎとはいえちょっと寒いです。


道の駅おおとうの手前で1日1カッパ(^^ゞ

DSC00173_R.JPG


この後は小石原越えで日田を目指しますが、

小石原への登りは橋梁の上が真っ白!

轍を外すと滑りそうで、長距離一本橋を走ってる気分(^^ゞ

よって写真はナシ!!


小石原の道の駅で休憩した後の

宝珠山への下りは南向き斜面で普通に走れました。


そして日田の手前の山越え

DSC00175_R.JPG


道路わきには霜が降りたままですが、普通に走れるもんで、

日田でトイレに駆け込んだら、

DSC00179_R.JPG


そのまま日田ファームを選択!

DSC00181_R.JPG


この頃は自撮りする余裕もありましたが、

DSC00182_R.JPG


この後、日陰の左コーナーでスベってビビリミッター作動!(^^ゞ

恐る恐る進みますが、天ケ瀬フラワーパークの先からの登りはずっと日陰!

4輪でもスタッドレス履いてないと進めないレベルの凍結でしたので、


すぐにバイクを降りてUターンしてk12を松原ダムへ

DSC00183_R.JPG


ここも白い所が多いですが、国道に出ればなんとかなるだろうと思い進みます。


R212に出て杖立へ

DSC00187_R.JPG


普通に走れます♪

普通って素晴らしい!!(^^ゞ


小国で給油してさらにR212を進みます。

そば街道への分岐点を過ぎたあたりで「凍結注意」の看板を目にし出します。

その後はミルクロードの交差まで同じ看板だらけ、

道路のひび割れに溜まった水は氷となってキラキラしてます。

日陰は白くてヤバい感じ。


国道もここまで来るともう気が抜けません(^^ゞ

寄り道はせずに内牧へ下ります。



途中の景色のいいところで自撮り。

DSC00558_R.JPG


マイナリスト語録でいうところの「ふったんチック」!

こんなんでよろしいでしょうか?(^^ゞ


カメラが逆光を感知してフラッシュ焚いてます。

逆車の証、サイドリフレクターが光っちゃいました。

これも外しちゃおうかな…


13時をまわって到着したのはここ

DSC00559_R.JPG


いまきん食堂!


全国放送のテレビに出たりして超人気店になったので、

足の遠のいていたお店ですが、

多かった時の第2候補も考えてあるので、とりあえず覗いてみます。


今片付けたらすぐご案内できます。って事なので良かった~♪

yosiさんからの情報で食べたかったあれを注文します!

NEC_0244_R.JPG


あか牛丼大盛り!

大盛りはメニューに無いんですが、他のお客さんも当たり前に注文してました。

恐るべし情報社会ですね!人の事は言えませんが…(^^ゞ


「お客さんが増えると味が落ちる」の法則はここには当てはまらず、

とっても美味しく頂きました♪


コスモスロードでまた自撮り。

DSC00570_R.JPG


そう、今日の目的の一つは年賀状用の写真撮りだったりもします(^^ゞ

でもピンボケ(T_T)


この後はよせばいいのにミルクロードから大津へ

やっぱり不安は的中で日陰に怯えながら走り、

R57で熊本ICへ。


高速で帰る途中、

糟屋のレッドバロンでオイル交換する為

須恵のETC専用口で降ります。


途中ここでも自撮り(^^ゞ

DSC00606_R.JPG


ちょうど隣の駐車枠で子ども連れが車に乗り込み中でしたが、

構わず撮影!

10秒ダッシュの間に微笑みかけてくる子ども(^^ゞ

炭鉱ブラックβは人間の子どもの前では笑うのだ♪


という訳で、オイル交換して帰った訳ですが、



みなさん!小石原越え、阿蘇方面、もうバイクは危ないですよ~!!

って知らんのは僕だけだったカモ(T_T)

nice!(11)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

FZ1軽量化の為に買い物? [FZ1カスタム]

12月9日(日) 曇ところにより雪か雨


ナップスで冬のスーパーセール開催中!

更にこの日はレジで更に10%引き!!

という事で、以前から欲しかったものがセールで10%引き。

更にレジでそこから10%引きになるとあって、行ってきましたナップス♪

※但し子守りがあるので寄り道をしながら(^^ゞ


まずは毎年恒例の英彦山へ

NEC_0226_R.JPG


麓まで雪は無かったんですが、上はこの通り-5℃!

シーズン初雪遊びの息子は、2時間も飽きることなく遊び続けてくれました(T_T)


それからR500を西進してR386、R3と繋ぎ、

T2さんのお膝元をパスして野間のナップスで買い物して帰ってきました。

はぁー、、遠回り(T_T)


買ったのはJ-TRIPのメンテナンススタンド

NEC_0233_R.JPG


チェーンメンテナンスにはとっても便利なセンタースタンドが付いてるFZ1ですが、

スッキリした見た目と、若干の軽量化を期待して、取り外したかったのです(^^ゞ


今までの状態は、

NEC_0229_R.JPG


マフラー換装により、白いジュラコンのセンタースタンドストッパーが付けてあります。

純正マフラーハンガーも使わないのに付いたままです。
(センタースタンドステーの奥なので見えません)

ぜーんぶ取っ払って計量!

NEC_0231_R.JPG


-3.33kgになりました。

これまで

EXUP取り外しで-0.6kg

マフラー交換で-5.7kg

ETC車載で+0.22kg

スイングアームフックボルトやナビステーで+0.?kg



恐らく、合計約9kgの軽量化がなされた事になります。


純正の乾燥重量が199kgですから、

現在、乾燥190kg、車両重量210kgとなりました♪


NSRからV-maxへ、車重がほぼ2倍の乗り継ぎを経験して重いのに懲りた僕は、

軽いと嬉しくなるのです(^^ゞ


NEC_0234_R.JPG

給油口ドレンホースは見えないところでタイラップ留め。


NEC_0235_R.JPG

もともとノンカウルのFZ1にはセンタースタンドありませんから、

外したあともスッキリしてます♪


あ、あと重量増が1点

NEC_0237_R.JPG

とり天さんから半ば強引に頂いたステッカー

後続車から目立つフェンダーど真ん中に貼りました♪

とり天さんありがとうございます!!


NEC_0240_R.JPG

今週木曜日だけは走れそうな天気ですし、もしくは来週か、

年内にもう1回は走りたいです。

次はツーレポが

できるといいなぁ…(^^ゞ






nice!(8)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

山ヤだった学生時代のストーブ [山]

学生時代の写真を引っ張り出して来ました。

殺生小屋_R.jpg

僕の一番好きな山、槍ヶ岳を直下の殺生ヒュッテから見上げた写真です。


この時は折立から入山して黒部五郎~水晶~鷲羽~双六~槍~横尾~穂高~上高地と、

13日間も北アルプスで過ごしました。


そのせいか山登りに関しては燃え尽き症候群気味な僕ですが(^^ゞ

最近のマイナリスト山ガールの皆さんの活動に触発されて、

学生時代のストーブを引っ張り出して整備しました。


DSC00425_R.JPG

フォエーブス625といいます。

燃料はホワイトガソリン

使用前にポンプで圧をかけ、アルコール固形燃料でプレヒート(余熱)してやる必要があります。

儀式みたいで趣があるんですけどね…


仕舞寸法でかすぎです(T_T)


長期使用には液体燃料を使用したストーブの方が、

ガスカートリッジを使用したストーブより省スペースとなりますが、

そんな山登りなんてもうする事無いんだろうなぁ…

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。